子宮頸部異形成での支出と収入。

 

前回に引き続き今回は費用や給付金の

支出と収入についてまとめてみました。 

 

 <支出>

 

子宮がん検診(自治体・集団)  ¥1,100

 

診察費(検査他17日分)      ¥39,335

 

入院費(手術・3日間)     ¥49,390

総合計              ¥89,825

 

 

<収入>

 

加入している医療保険の詳細(今回該当分のみ記載)

 

県民共済 <活き活き1500>

 保険料 1,500円

病気入院    3,500円/1日

手術給付金 25,000円/1回

 

メットライフ生命 <新終身医療保険

 保険料 2,754円

病気入院   5,000円/1日

女性疾病入院 5,000円/1日

退院後の通院 3,000円/1日

手術給付金 100,000円/1回

 

チューリッヒ生命 <無解約払戻金型終身ガン治療保険(抗がん剤等保障)>

  保険料 1,905円

ガン診断給付金 500,000円/1回

ガン通院                3,000円/1日

(入院日の前日からその日を含めて遡及して60日以内の期間の通院、退院日の翌日からその日を含めて365日以内の期間の通院(退院後通院期間あたり120日まで)

 

 それぞれの保険内容の該当分のみ挙げてみました。

 

 

 県民共済     ¥35,500

 

 メットライフ ¥154,000

 

 チューリッヒ ¥560,173

総合計     ¥749,673

 

 

支出¥89,825 - 収入¥749,673 = 残金¥659,848

 

今回は医療保険のおかげで本当に助かりました。

病気において肉体的負担はもちろん、精神的負担も大きいので

経済的負担だけでも心配がなくなると非常に助かりますよね。

 

医療保険がん保険も、どんどん進化して「今」に見合った内容に見直されています。

現在長期入院より短期入院の傾向が高かったり、

抗がん剤放射線治療も日帰りで通院治療となっていたりしています。

自分の加入している保険内容が、「今」に見合ったものか?

常に新しい情報を見定めることが必要だと思います。

 

 私が皆さんのブログを読んで勇気づけられたように、

どこかの誰かの参考に、ほんの少しでも安心できるものになれれば幸いです。

 

一番大切なのは、

あなたの身体です。

どうか、一番に想ってあげて下さい。

 

 

 

子宮頸部異形成の経過まとめ。

今回長々と綴ってきた子宮頸部異形成についての経過についてまとめてみました。

 

 

2019.10 子宮頸がん集団検診 受診

 

2019.11 検査結果 ASC-US 「要精密検査」 との通知がくる

 

2019.11 8年ぶりにかかりつけ産婦人科

     HPV検査を受ける

 

2019.12 HPV検査 その他の型

     コルポ診

 

2019.12 中等度異形成と診断 

      HPV35型

 

2020.1   円錐切除術 決定

 

2020.2   術前検査

 

2020.2   入院・円錐切除術

 

2020.3   病理診断にて高度異形成と診断

 

2020.9   HPV検査にて陰性

 

今に至る

 

 

 

こんな感じです。

なんだかんだで1年くらい経過してます。

昨年の今頃、まだがん検査を受診することも決めていなかったな~。

まさか1年後に手術を経験しているとは思わなかったな。

 

高度異形成に気づけたことは本当に良かったと心から思います。

「がん検診受診してくれて本当にありがとう!!!( ;∀;)」

と1年前の私に大声で伝えたいです。

 

 

ちなみに先日受けた細胞診で少しも出血しませんでした。

今までの検査はすべて出血していたのに、今回は出血がなかったんです。

偶然なのかもしれませんが、

もしかしたら悪いところがなくなったから出血しないのかも?

異形成部分のせいで出血していたのかも?

 

 

中等度異形成から子宮がんに進行する可能性は 20%

高度異形成から子宮頸がんに進行する可能性は 40%

 

 

高度でも正常な細胞に戻ることもあります。

中等度なら経過観察で様子見をすることが多いようです。

でも今回先生が「手術」という判断をしてくれて本当に良かった。

 

経過観察なら、いつか自然治癒するかもしれないし、

手術なんて怖い思いも、時間もお金も使わずに済みます。

小さな子どもがいると入院で家を空けるのは簡単なことではありません。

様々な段取りなどもしなくてはならないし、

なにより自分がいないことで子どもたちに精神的にも不安な思いをさせてしまうのでは?と。

 

でも、私はこれから先、不安になりながら定期的に検査をしていくことや

痛いコルポ診に耐えることはとっても嫌でした。

それくらいコルポ診が痛かったので(´Д⊂ヽ

なのでタイミングがあい、手術を受けることが出来たことを感謝しています。

 

病との向き合い方は人ぞれぞれで、

どのような向き合い方でも本人が望んだものならそれが一番だと思います。

病気になった時くらいは自分の心と体と相談して、どうしていくのか?

決めることが出来るといいですねよ。

 

 

長くなってしまったので費用や給付金については

次にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後のがん通院給付金手続き~入金。

子宮頸がん検診で「中等度異形成」と判明、

「円錐切除術」術後病理診断により

「高度異形成」と診断されました。

 

それにより、加入しているがん保険が対象になることになりました。

まず私が加入しているがん保険は…

 

 チューリッヒ生命 <無解約払戻金型終身ガン治療保険(抗がん剤等保障)>

 保険料 1,905円

今回該当するもの

ガン診断給付金 500,000円/1回

ガン通院 3,000円/1日

(入院日の前日からその日を含めて遡及して60日以内の期間の通院、退院日の翌日からその日を含めて365日以内の期間の通院(退院後通院期間あたり120日まで)

 

 

前回、前々回

がん診断給付金

がん通院給付金

をいただきました。

 

 

ここで一旦今回の高度異形成での通院は終了と思われるので、

最後に通院した2日分通院給付金を請求しました。

 

最後に通院した日に書類を記入して投函。

2日後に入金がありました!早い!

 

2日×¥5,000=¥10,000

 

 

 改めて高度異形成についての給付金などをまとめようと思います。

 

 

 

 

円錐切除術から6ヵ月後検診(細胞診の結果)

中等度異形成による円錐切除術で高度異形成が判明、

先週の術後6ヵ月後検診に行き細胞診を受けました。

 

 

以前検出されたHPVウイルス35型がまだあるか?調べるために、

保険適用の簡易ジェノタイプ判定となりました。

この検査がセーフなら、今後の為に子宮頸がんワクチンの使用を勧められています。

 

4価ワクチンがいいのか?

高額でも9価ワクチンにした方がいいのか?

やはり気になる副作用はどうなのだろうか?

散々考えて、結局答えは出ず、でした。

 

 

www.mhlw.go.jp

 

ちゃんと自分の目で情報を確認して、

それでも分からなかったので先生に相談しよう!と思っていました。

 

そして1週間後に結果を聞きに行きました。

 

「-」

 

HPVウイルスは検出されませんでした。

ということは、円錐切除術できれいに取れたということみたいです。

 

「よかった~(ノД`)・゜・。安心した~(´Д⊂ヽ」

 

 そしてHPVワクチンの話になり、

私が持っていた「35型」は4価にも9価にも含まれていないとのことで、

ひとまず様子見になりました。

「ワクチンを打っておくと安心は安心なんだけどね~」とのことでしたが、

まだ値段も高いし、次の機会でもいいかもね~とのこと。

 

また以前のように自治体から届く「子宮頸がん検診」のお知らせが来たら、

こちらを受診しようと思います。

1年に1回?2回??

2年に1回?

よく分かりませんが、気づいた時が好機と思って積極的に受けようと思います。

 

 

 

注射嫌いの私にとってはちょっと不安が消えましたが、

子宮頸がんワクチンは今後考えなければいけないものです。

娘たちには接種させた方がいいのか?

やはりちゃんと考えなきゃと思いました。

公費で接種できるには高校1年生までに接種しなくてはなりません。

親として、どちらを選んでも

「あの時打たせてくれれば良かったのに!」

「あの時打たなければ!」

となりうる問題ですよね。

 

現在の副作用の状況はどうなんだろう。

他のワクチンと比べてリスクがどのくらいなのか。

色々知りたいことはあるけど、なかなか探し出すことが出来ずにいます。

ただ、今回のことで私自身が異形成や円錐切除術、HPVワクチンについて

様々な知識を得ることが出来たのは、とてもよかったと思います。

「知らなかった!」は一番良くない。

娘を持つ私としては、これらの知識をいつか娘たちに受け継げるよう、

大事に大事にしていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

術後診察(細胞診含む)  ¥380

累計 ¥40,435(入院・手術費¥49,390除く)

 

 

 

 

 

円錐切除術から6ヵ月後検診(細胞診)

中等度異形成による円錐切除術で高度異形成が判明、

久々の術後6ヵ月後検診に行ってきました。

 

昨日朝食抜いてコストコへ行き、帰りの車の中であまりの空腹に

トロピカルミックスソフトクリームを一人で一気にぺろりと食べてしまったのですが、

その後腹痛に襲われ(ですよね~)大変なことに。

今日もお腹がずっとグルグルしていて食べては下して…を繰り返していました。

それでも少しずつ状態が落ち着いてきて、外出できそうだな!と思い、

久々に受診しました。

 

それにしても、数年前から加齢のせいか?(´Д⊂ヽ空腹時に冷たいものを一気に飲んだりすると、 胃の不快感や頭痛からの嘔吐…という流れの症状が出るようになりました。

やはりできるだけ身体に優しい、ビックリさせないように心がけなければならないな~とひしひしと感じるようになりました。

ただ…たまにまだまだイケる!と頭の片隅で思ってしまっているようで、

お腹が空いて板チョコやポテチを一気に完食!なんてことをしてしまうんです。

胃もたれや不快感で1日が終わります。

 

ちゃんと気を使って身体を労わっていかないとな~。

もう身体は若くないっ…(ノД`)・゜・。 

 

久々の診察は、以前検出されたHPVウイルス35型がまだあるか?という検査をしました。

もっと詳しい検査もあるのですが保険適用とならないので、

今回は簡易ジェノタイプ判定となりました。

この検査がセーフなら、今後の為に子宮頸がんワクチンの使用を勧められました。

 

子宮頸がんワクチンは子宮頸がんの原因となる「ヒトペパローマウイルス(HPVウイルス)」の感染を防ぐワクチンです。

簡単に説明すると、100以上あると言われているHPVワクチンのうちがん化しやすいハイリスク型と言われている 16、18型など4の型のHPVウイルスを防ぐ効果があるものが「4価ワクチン」、9の型を防ぐものを「9価ワクチン」です。

 

現在9歳~高校1年生まで公費で接種できる「4価ワクチン」で、

副作用の問題で現在は積極的に勧めていないようですが、接種自体は可能です。

一時期子どもたちへの接種も考えたのですが、何となく怖くて保留にしていました。

1回につき~2万円くらいで計3回の接種です。

 

「9価ワクチン」は今年ようやく承認されたばかりのワクチンです。

世界的にはこちらが普及しているようで、9の型のHPVウイルス感染予防ができ、子宮頚がんのリスクが90%抑えることができるそうです。

ちなみに今回先生に勧められたのは9価ワクチンです。

ただ、入手できるか?料金などについて調べておくね~とのこと。

ここでまだ使われてないのかな??

副作用が不安です。って伝えたら、

副作用はあまり心配しなくても大丈夫だよ。と言われました。

 

ほ、本当ですか??(´゚д゚`)

 

 

どうしよう…。

 

副作用気になる。

でも少しでもリスク下がるなら。

 

料金も気になる。

でも肛門がん、咽頭がん、外陰がん、尖圭コンジローマも予防できる。

 

 身近にワクチン接種した人がいれば、

色々意見が聞けるのになぁ~。

 

www.mhlw.go.jp

色々情報収集して、リスク等も考慮して

ちゃんと考えたいと思います。

 

次は検査結果を聞くため、1週間後の受診予定です。

 

 

 

 

 

 

術後診察(細胞診含む)  ¥2,030

累計 ¥40,055(入院・手術費¥49,390除く)

 

 

 

 

 

高度異形成に関するがん通院給付金手続き~入金。

子宮頸がん検診で「中等度異形成」と判明、

「円錐切除術」術後病理診断により

「高度異形成」と診断されました。

 

それにより、加入しているがん保険が対象になることになりました。

まず私が加入しているがん保険は…

 

 チューリッヒ生命 <無解約払戻金型終身ガン治療保険(抗がん剤等保障)>

 保険料 1,905円

今回該当するもの

ガン診断給付金 500,000円/1回

ガン通院 3,000円/1日

(入院日の前日からその日を含めて遡及して60日以内の期間の通院、退院日の翌日からその日を含めて365日以内の期間の通院(退院後通院期間あたり120日まで)

 

 

前回、

がん診断給付金

がん通院給付金

をいただきました。

 

今回は次の通院まで時間が空くので、ひとまず前回申請以降の通院分を請求しました。

 

書類投函後5日ほどで入金がありました。
 
ガン通院給付金 ¥25,000(¥5,000×5日)

 

領収書コピー・随時請求OK というのはとても助かります!

今は大抵診断書でOK(長めの入院や手術以外)だったりするので、ありがたい!

一昔前は、診断書必須だったので治療終了まで請求できなかったんですよね。

そうすると後に給付されても、その都度治療費や入院費を用意しなくてはならず大変だったりしました。

メットライフのように、アプリから申請できるものもあるし。

保険はより手軽で充実したものになりました。

 

 

 

 

 

 

 

円錐切除術術後診察終了から1ヵ月半(細胞診結果)

中等度異形成による円錐切除術で入院、退院して6週間の術後診察を経て、さらに1ヵ月半後の診察です。

前回受けた細胞診の結果を聞きに行きました。

 

コロナ感染予防によるステイホームのおかげで、すっかり丸くなってしまいました。

動かないのに食べる量は増えいている…。

他の病気になってしまいそうです(´゚д゚`)

 

今回気軽に受けたがん検診からまさかの手術ということになり、その他にもどこかに良くないところがあるのでは??と考えることが多くなりました。

 

なんか息苦しいし、肺や喉に何かできているのか?

足指の感覚が鈍い気がする、糖尿病の前兆かな?

 

もういい年だし、今まで身体を大事にしてきたか?と言われればそうではない気がするから自業自得で心当たりは山ほどあります。

 

でも今回高度異形成という上皮内癌状態で細胞に異変があったのに、何の体調の変化もなかった。

もちろんそのまま正常な細胞に変わっていくこともある。

でもその逆もあるわけで、それに気づけないとのは怖いことだな。と思いました。

 

3年ほど前に10数年ぶりにパートを始めた時、ちょうど繁忙期でお昼休憩もほぼ取れない状態の仕事量で、仕事中に急に激しい動機と息苦しさを感じました。

ストレスも相まって年齢的に軽い更年期障害が始まったのかな?と。

 

今、なにか不調が出ても

更年期障害の始まりなのか?

その他の異変なのか?

全く分からないな…。

かといって、コロナウイルスがどこにいるのかわからない状態で、

病院へ行くのも怖いし。

一体どうしたらいいんだろう。

 

 

 

本題に戻します( ;∀;)

そんなこんなで検査結果は

 

問題なし

 

でした。

 

そして聞き流していた、私の体で見つかっていたHPVウイルスは

 

35型

 

だったようです。

 

 35型はハイリスク型に入るので、今回中等度異形成での手術になったのかな?

結果的に高度異形成に進行していたので手術して本当によかった。

 

次回は3ヵ月後に再び細胞診の予定です。

定期的に検査していけば、ちゃんと監視できると思うので続けていきたいと思います。

 

ちなみに次の検査で問題なければ、HPVワクチンの接種をすすめられました。

HPVワクチンって副作用が問題になっているワクチンだよね…。

怖い…。

どんななのか色々調べてみたいと思います。

 

 そして、次の受診までに時間が空くので一旦「がん通院給付金」を請求したいと思います。

 

 

 

 

 

術後診察  ¥380

累計 ¥38,025(入院・手術費¥49,390除く)